変なプレッシャーが…

へんしゅーちょー壁紙にした途端、マンガ描かなきゃ何か描かなきゃ的な焦燥感に駆られるんですが気の所為でしょうか?っつう事で、友人宛の絵を仕上げてみたり(3日オーバー)。ネタの神が「良いから描け!」っつってます。
…そんなネタ描けるかwww!!!!

献上画像諸々はジャンル的にサンデーの感想と一緒に置いとくのはちょっと(笑)と言う事で、後でコソっと上げたいと思います。





今週のサンデー(2011/24号)。

・マギ→「…何言ってんだ?あのジイさん…… なんか…キモチワルイ…」
 まあ、そうだよねwwww そうなっちゃうよねwwwwww あとザガンさんが思いの外変態っぽい感じで大変いいと思います。

・神のみ→「下着どっちの着てるの?」
 違和感仕事しろwwwwwww

・銀匙→「やばい。勝負師の目だ。」
 ちょwwwww未成年wwwwwしかも勝ってねえ!!!? あと中島先生ェ…。
 あとマガジンで絶望先生が、ずっと先週の表紙の事で根に持っていた件。つか久米田せんせい何時原稿描いてんのさwwww?

・コナン→「博士の眼鏡に何か…」
 それは気を付けなきゃダメだよね?細心の注意を払わなきゃ…。

・ハヤテ→「服… 貸してくれませんか?」
 あー…言っちゃったよ…言っちゃったわ…。

・明医→「ね、ねえ伊達君、釈ちゃんって義明君が好きって話じゃあ…」
 つかもう、名前元ネタ的にフラグ立っとるじゃないかwwwwww 伊達君おめでとう!!!!




ぜつちる。
・サプリ→「負けたらケーキおごりね!」
 京介ェ…。兵部さんのトラウマスイッチは不二子さん由来のを全部カウントしたら、隊長とかから受けた仕打ちとドッコイドッコイなんじゃないかと思えて来て仕方ない…。

・本編→「手慣れている…!?」
 賢木ェ…。

 皆本目線で皆本と出逢ってからのチルドレンと(指揮官としての)皆本の成長、そして世界的な現状を確認した前々章、葵とバレットくんメインで各々の過去と今現在の成長っぷりを振り返る前章と来て、今回は紫穂メインで過去を振り返るお話。って事は次は同様に薫話になるのかな…まあそれはそれとして。

 紫穂…おそろしいこ!!!皆本だけでなく賢木まで餌食になったとさおしまい。
じゃなくって、薫葵紫穂が初めて逢ったあの場所は案外広い施設だったんですね。つかどんだけレベル7が増えると思っていたのか…と言うか1か所にまとめて集団脱走とか起こされたら逆に大変じゃね?


それにしても、紫穂のお父さんは可愛いなあ…それ以上に、文字の読み書きを覚えるより先に処世術を覚えてしまった紫穂が不憫な様な、ああうん、そうなっちゃうよね?
取り敢えず、皆本はサポートを頼む。